忍者ブログ
Admin*Write*Comment
「つい触れたくなる女」 だりの日記
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日の晩約束したとおり同室日本人4人で一緒に朝食をすることに@

(例のオランダ人女性は昨日までで、他のメンバーは言葉が通じず
 残念ながら国際交流はそれほどできませんでした@
 はじめの「Hi」と最後のお別れに「Have a good trip」くらい@)

4人でわいわいしながら朝食@

男性がわりとやられキャラで

女性陣がわりと攻めるキャラで

なんか昔からの友人みたいなやりとりして盛り上がってたw

皆大学4年生、春から社会人です。

銀行マン、中学校の先生、MR。

皆それぞれ違う方向へ。

将来どっかで接点あったら面白いなあ@@



朝食して、男の子は友人と予定があるから先に席を立って

残り2人は私の出発時間まで一緒にしゃべってくれて。

送迎バスが来たら、その女の子たち2人は

私をわざわざお見送りしてくれた@

バスが見えなくなるまで手を振ってくれて@

嬉しかったなぁvv

いろいろ思い出しました@



バスの運転手のおばちゃんも良い人だった@

空港まで送ってくれて、最後は私がおばちゃんが出発するまで待って

最後に手を振った@

空港もスムーズに行って飛行機もあっという間だった@

帰りは隣の徳島の大学4年生の人と仲良くなった@



ほんとーに

ほんとーに

楽しい旅でした@

国を問わず人が好きになる旅でした@

誰かのために何かしてあげたいなって

出会える人皆にあったかくしてあげたいなって

思えるようになった旅でした@



ヨーロッパ好きだなぁv
PR
朝目が覚めたら、二段ベットの上から男性の咳が聞こえた。

実は男女混同の部屋だったらしい。

他の部屋は混同だとかユースは混同になることもあるとか

前もって知っていたから特に驚きはしなかったけど@



に、しても・・・可哀想に室内男性1人w

居ずらいだろうなぁとw

周りの女性陣も「男女混同なんだ!」と驚いている様子w
(女性専用車両に入ってしまった男性状態)

私の独り言が聞こえたのか
(伸びした時に「うーん」とか布団畳んで「よいしょ」とか言ってたw)

「日本人の方ですか?」と話かけてくれた@

男性は同い年の京都産業大学の日本人だった@

謙虚で気さくな人で話しやすくってすぐに馴染めた@



この人と接していて気づいたのが

今まで出会ったたくさんの親切な人々のおかげで

私の中でも誰かに何かしてあげたい

って気持ちがすごく強くなっていて

この新しく来た人が困ったらなんでもしてあげたいし

この人が居心地良くいられるよう、最大限のフレンドリーさで接したい

って思って、それを素直にいろいろ行動に起こせていた。

今までの人たちからもらったバトンを次に渡すみたいに@

なんかそれって素敵なことだなーって体感した@



で、同室のオランダ人のダンサーの女性も明るい人で

男性がいるだなんてびっくりしたわーって一緒にわいわいしてたw

こういう時に実感するのが

6週間語学学校行ってて良かったってこと。

断然6週間前よりしゃべれるから(正確には「慣れて対応できる」かも)

コミュニケーションもはかりやすい@

楽しい時間を共有できる♪

まだまだ「from」や「friend」のfとrが入った単語は通じにくいけど@



で、その日は町のカフェが密集してるエリアへ!!

カフェ好きの私には最高でしたねv

と、行っても入って食べると高いので

ガラスケースに美味しいものが並ぶお店に入って

気になったものをちょこちょこ買って食べ歩き♪

キッシュにプリンパイにパリ1番のクレープに@

安値のチョコ色のショートブーツを発見して購入@





ナポレオンのお墓がある大聖堂行って

その大きさや厳格さ、空間のすごさに感動@


それから

大好きなPAUL(パン屋さんvお気に入りーvv)で

りんごパイ買って食べて


スーパーに入ったら、フランス人のおじさまに声かけられて

晩御飯一緒に食べようって。

用事あるからまた今度ーって言ったら名刺くれた@

心理学者だった@

日本人女性はヨーロッパでモテますね@

この他にも道で「日本人?」とかって声かけられたり

「こんにちはー」っていきなりちょっかいだされたりw

こういうのもわりと楽しい@




パリ最後の夜は

イルミネーションツアー&セーヌ川クルーズへ@

集合場所へ行くまでに道迷って

町の人に助けてもらった@

皆ほんと親切だなぁと思う@





で、

その後ユースへ帰ると

またもや新しい日本人が2人@

女性二人組み(これまた大学4年生)♪

その人たちともすぐ仲良くなって

明日の朝一緒に男性含め4人で朝食しよーってなった♪



毎日の出会いがとても楽しい@

朝って結構好きな時間。

一日の始まり。

そこに美味しいパンとあったかい飲み物があって

その時間をゆったりと誰かと共有できたら

最高。



この日はそんな最高のはじまりでした。

昨日4時寝の今日6時起きだったけど

朝のその時間を思うとわりとすっきり起きれた@

毎朝ユースではフランスパンがあって

それとココアとかコーヒーが好きなだけ飲めてv



やっぱりパンは好き。

白いご飯ももちろん好きだけど

パンってすっごい良い匂いするから好きv

ふかふかであったか~いし、いいにおいだし。



そのまったりのんびりな幸せ空間を

誰かと共有できるのが重要で最高v



で、まーいろいろあって(割愛w)



その日は一人でルーヴル美術館へ@



2時間睡眠ですっごい眠いのなんのってw

ハムラビ法が書いてある石とかモナリザとかニケとか

いろいろ見た@

ルーブルはめちゃくちゃ広くて何度も迷いながら
(1回間違って外に出ちゃったし)

4時間かかって全部見終わった。・・・たぶん全部(笑)。



それから

その日は夜19時から

あのルームメイトの美人さんと晩御飯行く約束してたので

町をうろうろしてた@(歩いて見てまわるだけでもほんと楽しい♪)

待ち合わせ場所に行く途中、地下鉄駅内にバイオリン集団が居て

ポップなクラシックを演奏してた@

思わず足を止めて見入ってしまって

あまりのすごさに&旅の思い出にCDを1枚買ったv

音楽って素敵だーvv




で、夜の晩御飯も最高でしたv

美人さん(あやのさん)は25歳。

今日は珍しく化粧してたからむっちゃ綺麗でvv

町で、リアルに貴族の血をひくおじさまに見初められ

最近はその人とその人の執事さんと一緒にパリ散策してるんだってw

数日前、あやのさんに恋愛相談をしたら

ほんと気さくにそして真剣に話にのってくれて。

それもあってご飯中、二人でお互いの彼氏の話や恋愛観とかを

ずっと話してた@

ご飯は安くて美味しいお店で

二人でワインとチーズフォンデュとムール貝食べて

3時間近くずっと話をしていた@

あやのさんの人としての会話の上品さ、

表情の豊かさ、気配りとかにすっごく惚れたvv



今回の旅を通して、たくさんの素敵な日本人に出会って

すごくすごく学ばせてもらうことが多い@@@



あやのさんはその貴族のおじさまの別荘を借りることになり

今日があやのさんに会える最後の日だった。

「日本でまた会いましょうね」

口約束じゃなくて絶対現実にしたいなぁ@

最後の最後まであやのさんは良い人で

私が部屋で日本人1人になるのを心配してくれていたのか

「昨日夜、新しく部屋に来た子は日本人ぽかったよ」

って教えてくれた@ あやのさん、素敵な人だなぁって思った@


ほんと素敵な人ばかりに出会えて

ほんとうにほんとうに最高。


感謝してもしきれないです。

この日の朝は料理学校から来た日本人3人+1人と朝食♪

料理学校の、私と年の近い女の子2人と

仕事を退職してから料理学校に通い始めたおじさまと、そのご友人のおじさま@

料理学校の人ってはじめて接したかも♪

料理作品の写真とかデジカメで見せてもらったけどすごかったー@@

私も料理好きだから(作るのも食べるのも)すごい話が面白かった!

特に日本食を久々に見せてもらってすっごい食べたくなったしw



その人たちに予定が合えば一緒に行動しようと言ってもらえたけど

結局別予定(ツアーやルームメイトと晩御飯と被り)合わずに断念@

一人旅ってオプションツアー組み込まんで完全フリーでも

誰かと一緒にどこでも行けるなぁと思った@

次一人旅のチャンスあったら絶対そうしよう♪




で、それからこの日はヴェルサイユ宮殿へ@

あのベルバラですよ!ベルバラ!(まだ読んだことないけどw)

すっごかった!!!!鏡の間とかすごくて。

中が広くて若干迷路を味わったし(笑)。

これも並ばなくて済むってことでオプションツアーなんだけど

集合場所に行く途中で

日本語ぺらぺらのフランス人のカフェのおじさまにつかまって

その人が架け橋の状態になってくれて

関東の卒業旅行の男性集団と仲良くなった@

やっぱ女一人旅は結構驚かれるw




で、その後、地元の市場を体験して

見つけた教会入ってみたり

モネの絵が部屋一面にある美術館に行ってみたり

オペラ座に行ってみたりした。

オペラ座ではチケット待ちで一緒に並んだ大学4年の

慶応大学の男性と一緒に回ることになった@





で、それから駅にとある人をお迎えに行きました@

で一緒にサクレ・クール大聖堂っていう

丘の上のパリが一望できるとこ行って
(最近の広末が出てるドラマにも出てきてたみたい)

エクレアとマカロン食べて

パリの夕焼けと夜景を堪能して

それから

ライトアップされた夜のパリを歩き回りました@

んで

デパートでへんなもんいっぱい買って

ユースで分けてプチパーティ(笑)。

親切なカナダ人の人が何度か声をかけてくれて

目の前を通る度にその人はどんどん酔っていって(笑)。

その日は寝ずに朝まで話そうと思っていたけど

案の定朝から動きっぱなしだったので(いつもより動いてたw)

体がすんごく疲れてて電池切れそうになってて

結局朝4時でパーティを御開きにw




振り返るととんでもなく濃い1日だったなぁ@

3日分を1日に凝縮したような1日でした@




ドラマみたいな1日でした@
朝食時、ユースの食堂で日本人女性3人組を見つけたので

声をかけてみました@

快く同席をさせてくれたこの3人、同じく全員一人旅でした@

同じ大学4回生の2人とワーキングホリデイや一人旅をしている

30代の女性(見た目が若いのではじめ同じ年だと思ってた@)。

皆個性があって面白かった@

常々実感したのは

「一人旅に来ている日本人は面白い!!」ってこと。

何かしらの覚悟や夢があって、積極的でフレンドリーな人ばかり@


その日は、朝食を共にした1人と行きたいところが同じだったから

一緒にオルセー美術館に行くことに@

で着いたら美術館前にすでに入場の列。

有名な絵が飾ってるから持ち物検査とかが必要なのです@

こういう列は1人より誰かと一緒が良いなと思った@

で中に入ったら

「一緒に見て回るか、ここから別行動にするか」を話す@

それも一人旅の良い所@

お互いが自身の時間も大切にする@

縛られすぎず離れすぎず。


で美術館は御一人でタイプなので別行動に♪

ゴッホの肖像画とかを間近で見て感動@


でその後、サント・シャペルっていう

ステンドグラスが有名な教会でだいぶ感動して



ノートルダム大聖堂になぜかただで並ばず入れて

夜はデパートで買った変な食材をユース持ち帰って

2人組みの日本人の男の子たち(大学2年)と相席させてもらって

楽しくすごしました♪



部屋ではあの綺麗なルームメイトの人と

今日はどうでしたー?ってお話@
  • ABOUT
お引っ越ししました!最新はhttp://ameblo.jp/dari-diary/へお願いします!また「FootPrints =フットプリンツ=」http://d-footprints.jugem.jp/も紹介中♪
  • アクセス解析
  • 最新トラックバック
  • 最新コメント
[01/03 だり]
[07/05 だり]
[06/29 しが]
[06/17 だり]
[06/17 たまき]
  • カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  • アクセス解析
  • プロフィール
HN:
だり
年齢:
30
性別:
女性
誕生日:
1986/06/25
職業:
営業・広告
趣味:
Cafe巡り・ラーメン巡り
自己紹介:
品名:だり

キャッチコピー:笑顔は無敵、だりです。

原材料:父のまじめさ、母の天然素材、甘味料、わくわく

内容量:大さじ3杯半

販売者:だり親



販売経路:

【中学校】
 ・剣道部
 ・お笑い

【高校】
 ・美術部
 ・初恋

【大学1~3回生】
 ・ESS
 ・ニュージーランド短期留学

【大学3回生後半】
 ・インターン
 ・就職活動

【大学4回生】
 ・塾講
 ・免許
 ・卒論
 ・海外旅行
 ・Cafe巡り
 ・ラーメン巡り
 ・学生文化開発研究所MINIA
  * 4期目副代表
  * 異分野交流プロジェクト
  * 就職支援プロジェクトリーダー
  * 国際交流プロジェクト仕掛け
 ・ロンドン留学
 ・パリ一人旅

【社会人一年目】
 ・営業かつ広告関係

保存方法:あたたかくしてやってください。

賞味期限:末永くよろしくね。

Copyright © 「つい触れたくなる女」 だりの日記 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]